保険

女性の保険

女性のための保険を知っていますか?男性では入れない保険があるんです。

「女性のための保険」

たまにテレビなどでCMをしている女性のための保険について紹介しましょう。(注意事項:管理人の感情が入りまくっています!)

女性のための保険簡単に言うと女性保険とは、女性向け保険のことで、女性に対する特約が多いこと意外には、普通の保険とあまり大差がありません。普通の保険との違いは「女性特有の病気に対する特約」を中心として厚くした保険ということです。女性特有の病気で思い浮かぶのは、一般的には、乳腺症や乳がん、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣のう腫、関節リウマチなどでしょうが、乳がんや乳腺症、関節リウマチは、男性でもなることがありますが、女性よいも発生する可能性が少ないというだけです。

つまり、保険として見た場合には、普通の保険とあまり変わらないのです。なので、厳密にはがん保険の特約が少し違うと言うことだけだと考えてもらっていいと思います。管理人から言わせてもらえば、じゃあ「男性向け保険」ってないのか?と思いググって見たところ、454,000件がヒットしました。早速、その一番上に来たものを見てみると、【男性向けチョコ】社会保険労使・・・

うぉい!意味ないじゃん!

改めて「”男性向け保険”」とダブルクォ−テーションでググって見たところ、ヒットしたのは2件、その内、1件は管理人と同じように感じた方のブログのようなものでしたので、実質1件。どれどれと見てみると、紹介文には書いてあったけど、中には・・・、書いてない!

と言うわけで、男性向け保険と言うのはありませんでした。男性に多い病気というのも結構ありました。しかし、女性向け保険はいくらでもあるようですが、男性向け保険は一件もありません。これも性差による差別です。「男女雇用機会均等法」ができたのに、なぜでしょうか?電車にも、女性専用車両があるなら、男性専用車両があってもいいのではないでしょうか!?第一弾として、「男女向保険数均等法」が必要です!

あ、いつの間にか話がずれてるし。冗談はさておき、この「女性向け保険」は、女性特有の、または女性にかかりやすい保険を手厚くカバーしている点から見ると、「女性のための保険」というのがピッタリでしょう。そのため、変な誤解も少ないので済むのでしょう。

シングルマザー

また、離婚などで、シングルマザーとなった方もいます。今の世の中は女性の社会進出が多くなってきたので、子どもを1人育てるのは決して無理という事はないでしょうが、万一、その方が死亡した場合には、その子どもはどうなるのでしょうか。祖母や祖父に引き取られれば、とりあえず安心なのですが、今日では、それも経済的に難しいと言う場合もあるでしょう。そういった場合でも、子どものためにと、女性向け保険に入る方も少なくないようです。

また、シングルマザーの場合、1人で仕事と家事、子育てをやっているので、心身への負担は大きいため、過労により病気やケガなども考えられます。そのときに入院しなくてはならなくなった場合、経済的な面からも、さらに負担は増してきますが、その負担を少しでも補う事ができる女性向け保険は、やはり必要です。

基本的には、夫と離婚した際に、慰謝料を多く取るか、離婚しないことが必要ですが、どうしても難しい場合は女性保険も必要になってくるのです。

おすすめWEBサイト 5選

製薬・医薬業界に特化!おすすめの転職・求人紹介サイトBEST5!